シシオウ 新馬戦

シシオウ基本情報

募集総額(円) 9,600,000
一口あたり(円) 24,000
 サムライハート
 イシノショウジ
母父  サクラユタカオー
性別
生産者  棚川光男
調教師  斉藤崇史
活躍兄姉  カクスストレングス、スズノハミルトン、シルクマイベスト
備考 二次募集

シシオウは父サムライハート母イシノショウジの血統。

父サムライハートはサンデーサイレンスとエアグルーヴの間に生まれた良血馬で、現役時代は中央で5戦3勝を収める。産駒は短距離から2,600mの長距離戦までの距離で活躍している。

エアグルーヴの血を持つ一族はHyperionとNasrullahの両方を強調する馬が活躍している。代表馬にルーラーシップとドゥラメンテがいる。

イシノショウジはサクラユタカオー、ブレイヴェストローマン、ノーザンテーストの血を持つ。

サクラユタカオーの父テスコボーイはHyperionとNasrullahを持ち、さらにサクラユタカオー内にはNever Say Die~Nasrullah、ブレイヴェストローマンはNeverbend~NasrullahといずれもNasrullah系だ。そしてイシノショウジはHyperionを2つ持つノーザンテーストの血を持っていてるから、HyperionとNasrullahの集合体のような配合といえる。

シシオウはNever Say Die、Big Game、Hyperionがクロスし、それらの血を持つダイナカールとサクラユタカオー内に血が集まった配合となる。

募集価格は960万円という安馬だが潜在的なスピード能力は確かで、新馬戦の7番人気はいささか見くびられた評価だった。

476kgの馬体は画面越しに見るとギリギリに映った。パドックでは気負っていたが踏み込みは良かったように思った。

レースではゲートが開いてからの加速が良く、ハナに立つ勢いだったが、それを制して圧倒的1番人気のミラアイトーンがハナを奪う。

道中はスローペースになったがシシオウは折り合いを欠くことなく2番手を追走する。

4コーナー手前から一気にペースが速くなり、ミラアイトーンとシシオウの一騎打ちの様相になる。

直線に入ってもミラアイトーンとシシオウは全く譲らず、何とか交わそうとするシシオウをミラアイトーンが振り切りゴールイン。シシオウは0.1秒差の2着に終わった。

結局1度も抜かせなかったミラアイトーンの能力の高さが目だったレースだったが、シシオウの競馬センスの高さも中々のものだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です