ブラックヘルト

ブラックヘルト 黒星減ると?いや増えた。相田翔子さんLIVEステージの前に勝利を飾れず。

6月28日水曜日。ブラックヘルトは門別競馬8レースJRA交流競走フェルカド特別に出走した。

同日大井競馬場では帝王賞が行われる。しかし来場者にとってメインはこれだったろう。

相田翔子ライブステージ

※現地の様子については別ブログにて雑にまとめていますのでそちらでご確認ください。

Winkに夢中になった世代では無いけれど、彼女たちはザ・ベストテンや歌のトップテンで連続1位を記録していたので、有名な2曲ならメロディーと踊りは覚えている。それに一時代を作ったユニットのお一人なので関心はかなり高い。というわけでメインイベント相田翔子、メインレース帝王賞、ノルマンディーレースフェルカド特別という豪華三本立てを楽しむために大井競馬場へ向かった。時間が迫っていたので法定速度でかっ飛ばして大井へ。

大井競馬場

久々の大井競馬場。いの一番にふるさとコーナーへ向かうというレアパターン。

大井競馬場 ふるさとコーナー

着いたら既にブラックヘルトがパドックで周回していた。早速専門誌をいただいて8レースを検討しよう・・・、と思ったら既に配布終了。今日は来場者が多くて用意していた新聞が全てはけてしまったとの事。仕方ないのでパドックの映像と出馬表のペラ1枚だけで予想をせざるを得なくなる。パドック映像は現地の人の解説付きだったが、大井のモニターでは非常に聞き取りにくく参考情報は得られなかった。

かくして馬の歩いている様子と出馬表だけで買い目を決めることに。

門別競馬 フェルカド特別

8頭立てだから何とかなるだろう。地方の少頭数で軍資金増やすなら券種は当然三連単。このレースはブラックヘルトの勝利を信じて馬券を買うわけだからブラックヘルトを1着に据えなければやる意味がない。そしてローズジュレップでお世話になった服部茂史をもう1頭の軸に据えよう。ヒモの相手はJRA勢で。何だかパドックを見た意味が全く無かったが買い目は次のとおりに。

三連単2頭軸

1着01ブラックヘルト 2着08シングンラブソング 相手02,05,06

1着01ブラックヘルト 3着08シングンラブソング 相手02,05,06

※馬券の画像を載せようと思ったのですがまさかの紛失。見つかり次第アップする予定です。

さてレースはマズマズのスタートを切ったブラックヘルトだったが積極的に前へは行かず。素人考えだが、超スローペースになり馬が掛かり気味だったので途中からハナに立っても良さそうに見えたが黛騎手は折り合いに専念。

控える競馬を選んだのだから直線は弾けて欲しかったが我慢した割に伸びてくれない。最後は全馬アップアップになる形でゴールイン。勝ち馬から0.2秒差の2着に敗れた。

私の頭の中ではブラックヘルトとブラックジェイドのイメージがごっちゃになっているからかもしれないが、もっと積極的に競馬をすれば勝てたのではと思うレースだった。もちろん実際は馬に携わっている人にしか分からない事情があるので、最善を尽くしての2着なのだろう。

この日の敗戦が後々どう響くのか。

芝の長距離路線に絞り込んだり、あるいは交流競走一本に絞るなり、戦略を絞り込む好機となって良い方向に向かうことを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top