未勝利戦 クレムフカ

クレムフカ 未勝利戦

クレムフカが福島競馬場の未勝利戦に出走する。

この日は牝馬限定の福島ダート1700mで出走は15頭。力の抜けた馬はおらずどの馬が勝っても不思議の無いメンバー構成だ。新聞は研究ニュースを買ったがクレムフカに印をつけているトラックマンは1人(※研究ニュース今野光成氏の△のみ)だけで、これが何を意味するかはさておきデビューから3走全て二桁着順かつ秒単位負けでは仕方ない。

藤田菜七子 クレムフカ

初のコーナー4つの平坦コースそして51kgの軽量藤田菜七子ジョッキーに乗り替わり。条件を大きく変えてどこまで上位に迫れるか。

福島競馬場 クレムフカ

この日の福島は朝から気温が高く蒸し暑い。照りつける日差しが厳しくダートコースの砂がいつもより白く見える。

福島競馬場 未勝利戦

発走が近づきファンがスタート地点へ集まる。

未勝利戦 クレムフカ

結果は勝ち馬から3.0秒離され15頭中13着だが、このレースでは藤田騎手が積極的に前へ促し勝負処まで良い位置で競馬ができていた。終盤のペースアップに対応するスピードと直線で踏ん張るスタミナを付ければ前進できるだろう。

このレースを勝ったフクサンローズは次の500万クラスも勝ち連勝。2番人気だったクリノヴィクトリアは次の未勝利戦で勝ち抜け。実はレベルの高いメンバーで行われていたようで、ここでの敗戦を悲観する必要はなさそうだ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です