Nouvelles de Normandie ノートピッ! 12月18日-12月24日

こんばんは。中山大障害と有馬記念で週末は盛り上がったようです。

まずは中山大障害。アップトゥデイトとオジュウチョウサンが繰り広げた4分半の心理戦は見応えありました。ラジオNikkeiの実況ではほとんど触れられていませんでしたが、定点カメラが収めたアップトゥデイトとオジュウチョウサンの間(ま)に緊張感が漲っていましたね。ターフしか映っていないあの1秒ちょっとの間に騎手の駆け引きが詰まっていたように思います。

「アップトゥデイト、これは飛ばし過ぎではないでしょうか。4100mの長丁場でこれ以上飛ばすのは危険であります。しかしここまで徹底しないと勝てないかもしれません。思い切った勝負に出ました林満明とアップトゥデイトであります。」

「オジュウチョウサンはまだ来ない。まだ動かない。果たしてその位置から届くのでありましょうか。そろそろ行かないと危ない差に見えますが、じっと辛抱の石神深一とオジュウチョウサンであります。」

と心の中で実況しながらレース映像を見ました。やはり長丁場のレースは博打を超えた物語があります。

そして有馬記念。やはり大舞台に強い武豊J。好スタートからスンナリとハナに立つと、直後に内から池添、福永、川田騎手の乗っている馬が壁を作る格好となる理想的な展開に。前半1000mが61秒を超えいつもより遅いペースになり、いつものキタサンブラックと違うのかと思いましたが、4角まで競りかけられなかったのは大きなアドバンテージだったと思います。最後はクイーンズリングとシュヴァルグランに詰め寄られるも、4角までの貯金を生かして逃げ切り勝ち。有終の美を飾りました。

キタサンブラックの綴った物語に登場する人物はキャラクターが濃く人間味が溢れていました。清水久調教師は調教が厳し過ぎますし、北島三郎氏の用心棒風の人は警戒心が強すぎて目立ちすぎますし、北島氏は競馬場で歌ってくれるサービスまでしてくれましたし、あの武豊騎手もスキャンダルという余計な事をしてしました。

合理的、効率的な世の中は便利な反面、私たちの生活を窮屈なものにするときがありますが、人間の無駄(過剰)な行いは我々の心の中に余白を作ってくれる事を、キタサン関係者に改めて教えてもらったように思います。馬券でお世話になる事はありませんでしたが長い間楽しませてもらいました。

 




12月18日月曜日

ヘヴンオンアース浦和で4着。テオドルス名古屋で6着。

ヘヴンオンアースが浦和移籍2戦目に臨み9頭立ての4着に終わりました。前走マイナス18kgだった体重を11kg戻し、道中も直線まではいい感じで走っていたのですが・・・。今日は直線で窮屈になったのも響きましたが、まだまだ南関のレースに慣れていないのか直線で余力が残っていない様子でした。まずは環境に慣れて馬体が戻って来てからかもしれません。

テオドルスは6着。名古屋移籍7戦目で未だ掲示板無し。18頭立てで6着なら良いのですがこの日は9頭立てです。7戦中5戦で最下位なのでかなり厳しい戦いとなっています。


12月19日火曜日

グラン楽々2連勝。単勝1.1倍はノルマンらしくない。

意外性のノルマンディーは2017年における1番人気時の成績が[4-6-4-8]と連対率5割を割り込んでいる。この日のグランティエラは単勝1.1倍の圧倒的1番人気で敵は己にありといった状況でした。しかしそんな嫌なデータは今のグランティエラには関係ありませんでした。

あっさり2番手の位置を取ると逃げ馬を可愛がるだけ可愛がり、4角で余裕を持って並びかけ、鞍上がGoサインを出すと力強いストライドで後続を突き放し5馬身差の快勝でした。最後は流す余裕を見せていましたね。公式コメントにはまだまだ良化余地があると書いてあり次戦も期待できそうです。


12月20日水曜日

ノルマンディーOC2017年度二次募集ラインナップ発表!

募集馬評価に関しては後日別エントリーにて載せたいと思います。

オルファリオン浦和へ。キャラメルFは河内厩舎へ。

この日浦和8Rエスシーエイト(浦和・小久保厩舎)がプラス54kgの体重で勝つ珍事がありました。何が起きても変じゃない浦和競馬。オルファリオンは水野貴厩舎へ移籍します。

キャラメルフレンチは尾形和厩舎から栗東・河内厩舎へ転厩することになりました。美浦から栗東は珍しいですね。尾形和厩舎は開業4年目の2016年にリーディング48位となる大躍進を遂げましたが、今期は132位と元の位置に戻る成績となっています。キャラメルフレンチはメイクデビュー勝ちという華々しいスタートを切ったものの、その後は直千競馬で2着が1度あるのみで11連敗中です。人馬共に心機一転となる転厩になればいいですね。

 


12月21日木曜日

クレムフカ初勝利目前2着。

ふと思い出したようにクレムフカを検索すると現在金沢競馬の宗綱厩舎で頑張っている事と12月21日出走していたことが分かりました。移籍当初は掲示板を外す事もありましたが、秋が深まってきた11月半ばから調子を上げ始め、12月3日には勝ち馬から0.1秒差の2着まで上げてきました。そして12月21日に悲願の初勝利・・・、といきたかったのですが0.2秒差2着に。初勝利は来年にお預けとなりました。


12月23日土曜日

ミラは4着。リルティング9着。

ミラビリアはダート1200mに出走。道中は内でマズマズの走りを見せましたが4コーナーを回る際に一旦苦しくなり直線では6,7番手に後退。しかしそこから盛り返してしぶとく4着を確保しました。悪い結果ではないもののこのままダート短距離を使っていくのでしょうかね。というのも全兄ベルウッドデナリは芝長距離で惜しい所までいった馬なのでミラビリアも芝中距離が合うかもしれません。半姉3頭は5,8,8月に勝ち上がった遅咲きの一族なので今は色々な条件を試せますからね。ミラビリアの次走に注目です。

土曜日の成績は御覧の通りです。

馬名 競馬場 レース・名前 クラス 芝ダ距離 着順
ミラビリア 中山 未勝利 ダ1200 04
リルティングインク 中山 500万下 芝1200 09




12月03日日曜日

ギガ馬券(バッケン)は単勝2.2倍。ブラゾン貫録の2着。

ノルマン2015年組の勝ち上がり2号はギガバッケン。単勝2.2倍の1番人気という高い支持に見事に応えました。外枠から果敢にハナに立ちそのまま押し切る格好で勝利。直線の入りでシゲノブの抵抗に遭うもほぼ危なげないレース運びでした。

ギャラクシーSはノルマン現役馬のエース・ブラゾンドゥリスが出走。外を回った馬が上位に来る展開の中、内からするする伸びて2着に入線。勝利とはいかなかったものの2017年ノルマンディー掉尾を飾る素晴らしい走りだったと思います。

日曜日の成績は御覧の通りです。

馬名 競馬場 レース・名前 クラス 芝ダ距離 着順
 カシャーサ 阪神   未勝利 ダ1200 09
 ブラゾンドゥリス 阪神  ギャラクシーS OP ダ1400 02
 ギガバッケン 中山   未勝利 ダ1800 01




最後まで読んでいただき

2次募集の測尺と動画を楽しみにしていましたがメルマガによると25日に配信予定みたいですね。セリ購入馬の測尺はセリ時の数値からある程度見当をつけられますが岡田スタッド産はそうはいきません。値段から推測するとタニノジュレップの16は小さそうですね。一方ローズウッドの16はバランスの良さそうな感じです。動画はギガバッケンの活躍で見る必要があるのか分からなくなりました。ピンと来る馬がいればいいなと思います。

ありがとうございました。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top