Nouvelles de Normandie ノートピッ! 04月30日-05月06日

こんばんは。

先日「乞客」という新しい造語を知りました。皆さんは既にご存知かもしれませんが、無料でサービスを要求する顧客という意味のようです。タダ働きは人の活力を奪いますから気を付けなければいけませんね。ノルマンディーOCも安い馬代と会費で会員のために本当に頑張ってくださっているので(ピンと来ない人は自分が馬主になった場合を想像してください)求め過ぎを慎み、感謝の気持ちは積極的に発信していこうと思います。

さて先週からブログの構成をマイナーチェンジして文章を簡潔にし始めました。文章を圧縮するのに慣れていないと冷たく辛い文章になりがちなので、その辺りの味付けにはこれまで以上に気を付けて作文してまいりますので今後ともよろしくお願いします。



4月30日月曜日

ホースト新たな引き出しが出来る予感のする5着。

船橋2Rペキノワ4着。

前日新潟でビスカリアを勝利に導いた森泰斗騎手がペキノワでも好騎乗。森騎手曰く馬群を避けるためにハナに立ったがそこで脚を使ったのが最後に響き4着になったとの事。敗戦の中にも道中の折り合い、直線の粘り腰を引き出す等森騎手のファインプレーがあった。

船橋6Rアーネストホースト5着。

船橋競馬で勝つにはやや後ろ過ぎる位置からスパート。砂を被っても怯むことなく差してきた根性は見事。前が止まらなかったため5着に終わったが、相手次第では今日のような深い位置から競馬をしても勝負になるかも。次も期待。

5月02日水曜日

アンナ粘って2勝目。

エイシンメモリーズとの先頭争いを制して直線に入るもゴール前で脚が止まってしまいレコパンハロウィーの猛追を食らう。完全に負ける流れだったが田中学騎手の技量でギリギリ残して同着優勝。この日は騎手に勝たせてもらった。

5月03日木曜日

ソルオリー図ったように差され3勝目はお預け。

笠松7Rソルオリーヴァ2着

今日は単騎逃げ。3角で勝ち馬にタイミング良く捲られでしまったが直線差し返す根性を見せる。しかし残り数10mで勝ち馬に盛り返されて2着。力は足りているので気長に待つしかないか。

4月28日土曜日

タンドレス7着健闘。

京都8Rラタンドレス7着

ダ短の追い込み型にとり前半35.7秒の流れは苦しい。直線では砂を被っても脚を伸ばしていたので内容は悪くない。

Aトゥルース府中で先行粘り込む強い競馬を見せ準OPで2着。

東京2Rペルランドール11着

気性は幼いままだが馬体はこじんまりながらトモに張りが出始め随分良化。レースでは好発から番手を取り、楽なラップで走る不満の無い内容。直線も残り200mまでしっかりもがけていたし着順の印象より好内容。これで気性が成長すれば更に前進できそう。

東京9Rアナザートゥルース2着

心身共に成長余地を多分に残す現状だが下見所では溌溂と周回し好印象。レース序盤は窮屈な位置で競馬を進めるも勝負所では絶好のポジションへ出せたのはコンビ歴の長い大野騎手のファインプレー。

前を行くマジカルスペルが思ったより強く、アナザーが捕えに行った分だけ脚を使わされてしまい、最後は着狙いの馬達に詰め寄られたが根性で2着を死守。本当に強くなった。上昇期のブラゾンドゥリスに戦績が似てきたし、今年の秋にはOPに昇級しているかも。

05月06日日曜日

ファントム叩き一変勝ち上がり。ノルマンディー2015年世代シーズンがいよいよ開幕か。

京都2Rファントムメナス1着

下見所で気合を前面に出す。スタート後ハナに立つ10番ビッグボスを前に行かせて2番手を確保。4角も上手く立ち回り勝ちパターンにはまったが、嫌なタイミングで11番ヘーザが並びかけてくる。3頭併走の真ん中という最悪の場所だったが勝負根性を見せて競り勝つ。今日は状態の良さと好騎乗の勝利。レースのラップが前半35.9秒という緩さだったので昇級即通用は微妙だが、馬体はまだまだ成長余地が有り今後も楽しみ。

3歳4月にデビューして11着ではこの先も厳しいと思っていたらこの結果。素質の占める割合が大きいのはもちろんですが、100%の状態とは言わなくてもキチンと仕上げたら2015年世代でも勝てるという好事例ができたのは大きい。勝ち上がりの芽が残っている馬を管理されている先生方及びクラブ関係者にはファントムメナスの臨戦過程を役立てて欲しいですね。出資者のみなさんおめでとうございます。

暑い日はやっぱ牝馬。リリー、ヌーベル、ブランが馬券圏内に入る活躍。

新潟3Rシュネルスト13着

スタートから行きっぷりが悪く向こう正面で終戦。今日は度外視。

新潟5Rブリリアントリリー3着

スタート後スッと4番手を確保しレースの流れに乗る。直線は瞬発力のある馬にキレ味でやられてしまったが、差されてからもしぶとい走りで3着。先行勢全滅のレースで唯一馬券圏内に残った粘り腰を評価したい。レースぶりは初戦と比べ物にならぬほど上達しており、適性条件で走れば勝ち負けになりそうな所まで来た感。

新潟6Rナイトジュレップ11着

直千内枠スタートで流れに乗れなかった。騎手のコメントによると芝よりダ短が合うとの事。今後の募集馬検討に役立てます。

新潟8Rシュエットヌーベル3着

騎手が終始促す形で先行し、直線に入っても脚色は鈍らず一瞬あわやの場面を作る。前の馬のしぶとさにやられたが現級で通用する力を示した。スマートファルコン産駒だが芝が合っている。降級前に1つ勝ちたい。

新潟12Rブランメジェール2着

NHKマイルカップの余韻で競馬場がざわついている最中にひっそりとゲートが開く。ブランメジェール陣営はスピードで押し切る作戦を採ると思いきやまさかの好位追走作戦。ジワーッと前へ迫り直線で満を持して先頭に立つ教科書通りの競馬。十中八九勝ったと思ったがスーパーモリオンに足下をすくわれた。この馬も現級力上位なので降級前に1つ勝ちたい。


最後まで読んでいただき

ブログでインチキフランス語を使っているせいか、最近フランス語の迷惑メールが届く今日この頃です。

藤岡佑介騎手は5年前に半年ほどフランスへ武者修行に出ていて、当時の挑戦が肥やしとなり、何らかの形で今週のG1初勝利に役立っていたと思います。私のインチキフランス語は何年使っても何の肥やしにもならないと思いますが、タイトルはこのままで続けて行こうと思います。もう1つどうでもよい話をすると、ノルマンディー地方がフランスにあるからインチキフランス語を使っています。

ありがとうございました。

Scroll to top