Nouvelles de Normandie ノートピッ! 06月11日-06月17日

こんばんは。雨の多い季節になりました。硬い馬場で力を発揮できなかったクラブ馬が活躍し出したら嬉しいのですが。



6月13日水曜日

決戦は水曜日。アインツェル勝ち抜け成功!

門別8Rアインツェルカンプ1着クグロフ2着

門別JRA指定交流競走アルキバ特別にノルマンディーOCは2頭出し。番手追走から直線抜け出したアインツェルカンプが見事優勝。クグロフは途中で先頭集団から離されてしまい大敗を覚悟しましたが、4角で上手く立ち回り前との差を詰めて2着に浮上。久々にノルマンディーのワンツーフィニッシュが見られました。

アインツェルカンプは中央未勝利4着2回の実績がありここでは力上位でした。1番人気に推されたクグロフは転厩初戦でいきなり変身。指定交流であれば近いうちに勝ち上がれそうです。

川崎7Rアーネストホープ7着

川崎ご来店お待ちしてます三ちゃん食堂杯。行き脚付かず後方を回り終いも伸びず7着敗退。レース後コメントによれば全く力を出し切れなかったとあり悲観する事はなさそうです。

川崎9Rブライターデイズ11着

ムーンストーンフラワー賞。アーネストホープ同様後方で見せ場なく敗退。この日の川崎競馬場は流れ次第で後ろの馬も間に合う馬場状態でしたがブライターデイズは何もできませんでした。笠松2着の実績はあるとはいえ、体型を見ると芝長距離が合うと思いますがどうなんでしょうか。

6月15日金曜日

ソル逃げの手に出たが笠松千四は甘くなかった。

笠松7Rソルオリーヴァ6着

笠松千四は番手必勝。笠松所属馬に持久力の優れた馬は少なく、多くの馬はどこかで一息入れてラスト2~3Fをトップスピードで駆けるのが王道の戦法となります。なので一息入れづらい逃げ馬が勝つシーンはあまり見かけません。ソルオリーヴァはそんな笠松千四で逃げの手に出て6着に敗れました。良くも悪くも笠松競馬に馴染んできた感があり、中央復帰は叶うのでしょうか。

ブライターデイズに暗い日が到来・・・、慈嶺子骨折引退。

ダート千四はやはり合わなかったか・・・?競走中に骨折を発症し引退となりました。今後は乗用馬として人と関わっていく予定です。

2016年北海道サマーセールで324万円で(有)ノルマンディーファームが落札。兄姉に中央の活躍馬はなし。希少性の高いスペシャルウィークの直仔なので将来の繁殖入りを見越して落札したと思っていたのですが・・・。

将来の母馬優先出資権を見込んで出資した会員もいたかもしれないのに引退即乗馬の判断にまず驚き、次いで落札者が競走馬としての活躍を見込んでいた事に驚きました。素人零細会員が言うのもなんですが、クラブはブライターデイズの会員に少し厳しすぎるような・・・。

6月16日土曜日

東京出走3歳勢がともに7着。

東京6Rオートヴィル7着

道中は中団でレース進めたが直線で思ったほど伸びず敗れる。馬場状態にも泣いたよう。

東京7Rギガバッケン7着

古馬と初対戦。見せ場は無かったが悲観する内容では無い。まずは慣れてから。

ディバイン休養明けでも貫録の走りで2着に。

函館11Rミュートロギア7着

HTB杯。後方から脚を伸ばして2着。はじめは千二のペースに戸惑っていた感じだが行き脚がつくとさすが元オープン馬と思わせる迫力で前に迫る。ただ切れる脚が無いので番手抜け出しの勝ち馬を捕えられず。7ハロンがベスト。

6月10日日曜日

デスティニー芝でこそだがダートでも健闘。

阪神1Rデスティニーレイ4着

好スタートから番手追走。前残りの展開が味方したとはいえ楽ではないペースで先行して最後まで踏ん張ったのだからかなり力を付けている。

鮫島駿騎手はレース後芝が良いとコメント。次戦は芝を使ってもらえるか・・・。

3歳馬府中公演3本立て。

東京1Rヴォルパンテール11着

中団追走、追って味なく11着に終わる。負けるのは構わないが3歳夏になっても敗因が素質なのか育成なのかはっきりしないのが辛い。

東京3Rシュネルスト15着

3ハロン過ぎで急失速して終了。16頭立て15着だが1頭落馬有り。騎手から芝を試してはと提案あり。次戦は芝を使ってもらえるか・・・。

東京4Rラズワルド10着

逃げ馬が速いラップでペースを作り紛れのないレースとなった。正々堂々走って10着。現状はこんなもん。

函館2Rラクシュミー11着

リズムに乗れず11着。あと一歩の所まで来ている馬が二桁着順になるのは精神的に堪える。頑張れ!



最後まで読んでいただき

金曜日は東サラ、ワラウカドが2018年度募集馬のラインナップを発表し、シルクも募集価額と管理厩舎を発表し、一口界隈で動きがありました。

シルクと東サラは豪華なラインナップを見せつけて会員のお財布を制圧する気満々の様子です。新規入会も結構な数を見込めるかもしれませんね。

ワラウカドは見学ツアーに参加すると最大20%引きになるキャンペーンを打ち出し一口ファンの心を揺さぶってきます。そしてロードHCは日曜日のメイクデビューでロードアクアが鮮やかな新馬勝ちを収めクラブの存在をアピールしました。各クラブとも着々と夏の1歳馬商戦に向けて動いています。

ノルマンディーは3歳馬に全力投球してくれたらと願っています。晩期始動だったので年明けからの不振にもほぼ目を瞑り前向きに振舞ってきましたが、さすがに結果が求められる時期ですよね。全国各地でノルマン3歳馬が勝鬨を挙げてくれるのを楽しみにしています。

ありがとうございました。

Scroll to top