Nouvelles de Normandie ノートピッ! 06月25日-07月01日

こんばんは。

関東地方は観測史上初となる6月の梅雨明け宣言が出ました。週末の東京の風は爽やかでしたが夏日となり、駅まで歩くだけで汗が噴き出る厳しい暑さでした。そんな天候下で函館競馬の映像を見ると何と涼しげなこと。羨ましく思いました。



6月26日火曜日

ジャストフォーユー心を込めてお疲れさん。

ジャストフォーユーが引退しサラブレッドオークションに出品される事になります。通算36戦2勝。募集価格1400万円に対して約2847万円の獲得賞金は立派な成績だと思います。長い間お疲れさまでした。

カルヴァリ男ヒヤリ。喉鳴り疑惑はシロクロ付かず。

カルヴァリオは、日曜日の追い切り後、トレセン診療所で内視鏡検査を行った結果、喉頭蓋エントラップメントとの診断がくだりました。その結果を受けて簡易的な外科手術を予定していましたが、別の高名な学者が、現段階では喉頭蓋嚢胞が疑わしいとの見解を示しました。専門家の見解に相違があるため、手術は一旦取りやめ、軽めの運動と薬の投与で炎症等を抑える治療をおこなう方針となりました。

6月29日金曜日

ソル男は今回も上がれず7着。

笠松8Rソルオリーヴァ7着

地方移籍後初のマイル戦に挑み中央復帰を狙ったソルオリーヴァ。番手を取りましたが、左右の馬から挟まれるあまり良くない位置に。おそらくポジションの利を生かす狙いだったのでしょう。しかし勝負所で遅れ出すと直線ではもう余力が無くなり、流れ込む格好でゴールイン。勝ち馬から1.9秒差の7着に敗れました。

敗因は距離にあり、次は距離短縮で頑張りたいとのコメントです。

6月に3戦。徐々に勝ち馬との着差が広がっていので一旦外厩で立て直しても良さそうですが続戦の予定です。昨年の夏の北海道シリーズで調子を上げて未勝利勝ちあと一歩まで迫った馬ですから、これからの時期は合うと思います。現状楽ではなさそうですが気合で1つ勝ってもらいたいですね。

6月30日土曜日

ペルラン距離短縮で自己最高位を記録も。

福島2Rペルランドール7着

的場均調教師のノルマンディーでの初仕事はペルランドールの体を戻す事で、当日馬体重は前走より12kg増ときっちり職務を遂行。しかしパドック周回時の気配は今一つで、レースへ行ってもほぼ周ってくるだけで終了。それでも直線に入っても闘志を失わず、自己最高着順の7着そして勝ち馬から0.7秒差でゴールするなど収穫の多きレースとなりました。ただしこの日のレースを見る限り千二ではスピード不足のようです。

この経験を次走に生かして初の掲示板入りを狙いたいところですが、ここからの番組は千二か千八しかない苦しい状況です。関係者は千八で勝ち上がるための準備にもう取り掛からなければならないでしょう。

デスティニー遂に3着まで来た。ダートで味のある差し脚披露。

中京6Rデスティニーレイ3着

スターズファンドスタッフ厳選チームで最も気を吐いているデスティニーレイが遂に3着まで着順を上げてきました。

中京ダ1400m未勝利戦に出走。道中は第2集団の先頭という仕掛けの難しそうな位置で走り、直線では孤立した位置からスパート。素人目にあまり良くない仕掛けに映りましたが、メンバー中2番目に速い上りを繰り出して勝ち馬に接近。0.4秒差の3着でゴールしました。

川田騎手のコメントによると千二は忙しいかもしれず今日の条件は合っていたとの事。次の小倉開催で7ハロン戦の番組は芝ダートどちらも組まれていませんし、優先出走権を持つ立場なので次戦は中2週で7月21日中京ダ1400mが濃厚でしょう。ここがデスティニーレイにとって決戦のレース、サッカーでいうポーランド戦となりそうです。負けちゃ駄目だよー。

7月01日日曜日

ホウロクダマ雨天で不発。

函館7Rホウロクダマ12着

ホウロクダマは降級2戦目で得意のダート1000mに出走。さぞかし人気を集めているかと思いきや12頭立て9番人気の低評価。ここのホウロクダマは警戒必要だと思っていましたが最下位でゴール。馬券を買う人達の慧眼に感服です。次に期待しましょう。

ディライトラッシュ連闘虚しく2週連続殿負け

函館8Rディライトラッシュ11着

ディライトラッシュは前走で不可解な大敗を喫し、ここは巻き返しの舞台にするはずでしたが、スタート直後から馬群について行けず最下位に敗れました。2か月前まで現級で掲示板に載っていた馬と思えない不振ぶりで心配になります。頑張れ!

メルドオールが2600mを激走し不名誉記録を止めた。

函館9Rメルドオール7着

函館競馬8連続最下位の不名誉記録をメルドオールがストップ。最後のゴール前では余力はなさそうでしたが勝負所で積極的に前へ取り付こうとする気持ちのこもった走りを見せてくれました。さすがクラブの大ベテランです。

ディバイン馬群割って突き抜けた。

函館12Rディバインコード1着

北海道シリーズの名物競走、道新スポーツ杯に出走。いつもより後ろの位置から競馬を進めて直線向いてもまだ後方のまま。馬場状態を考えると厳しいように見えたが、鞍上のゴーサインが出ると、切れるというよりもスルスルといった感じで伸びてきて、内外進路に迷う場面では躊躇なく内を突き、馬の間を割って差し切り勝ち。役者の違いを見せつけて単勝1.6倍の支持に応えました。

ノルマンディー最強世代の主力が力を示して勝利です。クラブのバイオリズムは着実に良くなっているのを感じます。




最後まで読んでいただき

今日からちょうど半世紀前の1968年7月1日にポケットベルのサービスがスタートしたそうです。数字を50音に変換する機能が付く前は数字を語呂合わせで解読する時期があり「0843」をどう読むかがちょっとした話のネタになりました。0843→オヤスミ派と0843→おはよーさん派が居て、寝る前に0843と送って、起こしてくんなよと揉めて云々という話です。

クラブ名の語呂合わせを考えてみると、キャロットは9(キ)8(ヤ)6(ロ)10(ト)、シルクは4(シ)6(ル)9(ク)、とノーザンファーム系クラブはちゃんとポケベル対応の名前になっているんですね。翻って我らがノルマンディーは残念ながらポケベルに対応してません。別に構わないですが。

下らない話はここまでとして、来週7月7,8日開催にはクラブ馬が大挙出走しますね。暑さは更に厳しさを増しそうですが現地応援をしたくなる週末になりそうです。1つでも多くの馬が勝ってくれる事を願っています。

ありがとうございました。

Scroll to top