Nouvelles de Normandie ノートピッ! 03月25日-03月31日

こんばんは。

こんばんは。週末にドバイと仁川でビッグレースが行われました。今後もドバイWCデーと大阪杯の日程は大きく変化しないでしょうから、現役中距離馬の上位どころがドバイと仁川に分散されるこの時期はノルマンディーOCの馬にとってチャンスです。ドバイで1つ2つ勝っちゃいましょう。



今週の地方指定交流競走

28日園田7Rワンダーセトラ 優勝

ワンダーセトラ快勝。中央復帰へリーチ。

好位追走から直線は外へ持ち出し、瞬発力の違いで先頭に踊り出し、3馬身1/2差を付けて優勝。単勝1.2倍の支持に応えて中央復帰へリーチをかけました。底を見せぬ走りで次走も期待できそうです。

今週の中央競馬

土曜中山1Rミニオンペール 8着

ミニオンペール、直線の坂で失速8着。

初戦から小倉芝1200mを2度使って4,4着。今回はいくつか条件が変わり中山ダート1200mで出走。馬体重は10kg減。スタートから砂を被らぬ外々を回り、直線も無難に外を回してくるも坂の辺りで失速して8着でゴール。ジョッキーは位置取りが影響したかもと反省を口にしていましたが、敗因はそれだけではなさそうな負け方。ダートが原因か、直線の坂が原因か、馬体減が原因か・・・。

土曜中山2Rガルラバン 14着

ガルラバン再度ダートに挑み14着。

中位から徐々に後退して4.3秒差離された14着でゴール。ガルラバンは本格欧州配合ですからダート戦ではこういう時もあるでしょう。芝2400mで2分40秒辺りで決着するレースに出たいですね。暖かくなってからの変化を楽しみに待ちましょう。

土曜中山4Rヒマワリ 16着

ヒマワリは16着デビュー。夏に大輪の花を咲かせましょう。

脚の怪我により入厩が遅れましたが本日めでたくデビュー。レース内容はガルラバンと似たような感じでしたが無事にゴール出来たのが何よりだと思います。今日より悪くなる事はまずないと思うので、稲垣調教師がどこまで前進させられるかに注目したいと思います。

土曜中山6Rオルダージュ 2着

思わず声が出たオルダージュ2着。

オルダージュは前半33.9秒のやや速いペースで逃げましたが後続が先に音を上げてしまい逃げ切り態勢に。しかし2勝目を目前にして1番人気ナスノダケに交わされて2着。今後はマークが厳しくなるでしょうが番手の競馬も経験済ですし、次こそ勝利を掴んでもらいましょう。

中山ダ1200mは比較的レースが多く組まれますし、この条件が得意というのは出資者にとって有難いですね。そういえば青木厩舎所属予定の2歳馬ってまだノルマンディーで募集されていたような。

日曜中山1Rリーピングリーズン 14着

リーピングリーズン直線失速14着。

三たび中山ダ1800mに挑んだリーピングリーズン。今日は序盤から前を取る積極的な運びでしたが、最後の直線でガス欠を起こしたように失速して14着に。過去に自ら止まろうとしたり、ゲートを出ようとしなかったりと気まぐれな面を覗かせていましたし、その辺りが影響したかも知れません。今日のジョッキーコメントでは距離が長いとありました。次にどこを使うか悩む結果ですね。

日曜中山5Rファイナルマズル 9着

4角先頭の横綱相撲で9着。

ファイナルマズルは過去4戦全て後方から競馬をして掲示板が2回。今日はスタートから押して行き、前から競馬をする積極策に出ましたが、こういう日に限って差し競馬となり9着。レースでは残り600m過ぎで先頭を奪い、4角先頭で直線を迎える横綱相撲。これはと思わせた直後に後続にドドドと交わされてしまいました。もっと力が付けば押し切れるようになると思います。



最後まで読んでいただき

暖かくなり鼻がムズついたかと思ったのも束の間、桜が見頃を迎え、甲子園は準々決勝が終わりました。競馬は既にG1シリーズが始まっていますし、時の流れの速さを感じます。今週は残念ながらノルマンディー所属馬は未勝利でした。来週から再び3場開催になり、前走惜しかった馬が相手関係の楽なレースを狙って出走すると思うので、また嬉しい報告を沢山聞く事ができるでしょうね。

ありがとうございました。

最近の投稿

こんばんは。今週は我が出資馬の話からです。 キャンディソングの馬体重が484kgまで戻りました。一応、帰厩→攻め→輸送を経てレース当日は440kgになっちゃったゴメンネという悲観的ストーリーを心の片隅 [...]

タービランスとは浦和・水野厩舎に所属する競走馬です。南関クラシックの1冠である羽田盃を優勝している他、南関のオープン競走で堅実な成績を収めています。 上の画像はタービランスの血統表です。 タービランス [...]

こんばんは。安田記念を勝ったのはインディチャンプ。完全にノーマークでした。レース後に血統表を見ると母母にトキオリアリティの名が・・・。リアルインパクト・・・、アペルトゥーラ・・・。予想する時はもっと細 [...]

こんばんは。 2019年日本ダービーは新ひだか町にある飛野牧場生産のロジャーバローズが優勝。2着は三嶋牧場生産のダノンキングリーでした。連対した馬達の育成先は知りませんが、生産牧場欄に普段のG1と違う [...]

こんばんは。 ともに翔ける。 岩手競馬の魅力、課題、その他諸々を丸ごと包み込み、それら全てをポジティヴな方向へ運んでいく力強さが「ともに翔ける」の言葉に詰まっています。極限までむだ肉を削いだ簡潔なセン [...]

Tags

アイルチャームアインツェルカンプアナザーサイレンスアナザートゥルースアペルトゥーラアリンナアレスアンツェルカンプアンナラヴェリテアンフィールドアーネストホープイオラニエスカラードエルズリーエーデルメイシュオルダージュオルファリオンオルレアンローズオンファサイトオートヴィルカグラヒメカルヴァリオキャラメルフレンチキャンディソングキャンペーンギガバッケンクグロフクリスタルアワードクリュティエクレムフカグラウシュトラールグランツリヒターグランティエラコーラルフィーユサワヤカフェスタサンディレクションシシオウシュエットヌーベルシュティルヴァルトシークエルジェルミナシオンジャスパーゲランセルヴァセールソルオリーヴァタイドオブハピネスダイバージェントツァイトライゼディバインコードディライトラッシュデスティニーソングデスティニーレイナイトジュレップハウキュートビスカリアビターレファイナルマズルファントムメナスフライオールデイズブライターデイズブラゾンドゥリスブラックジェイドブラックヘルトブランデーグラスブランメジェールブリリアントリリープラチナムバレットヘヴンオンアースベラソヴラーノペキノワホウロクダマホマレホワイトファングボーイズオブサマーマグレブマリアズハートミュートロギアミラクルパレットミラビリアメルドオールライズインザノースラクシュミーラズワルドラフカディオララパルーザラヴノットルメイユールルールソヴァールレベルドアリュールロワセレストローズパラディンワンダーセトラヴァイスブリッツヴォルパンテール
Scroll to top