Nouvelles de Normandie ノートピッ! 05月06日-05月12日

こんばんは。

こんばんは。

ヴィクトリアマイルはハービンジャー×クロフネ配合のノームコアが1:30.5で優勝。今の東京の馬場状態を知っていたらノームコアの馬券は買えません。当たった人はめちゃくちゃ馬券の上手い人か初心者です。馬単で7,670円しかついていないって事は、今日は素人さんが多かったのかな(笑)



今週の中央競馬

土曜新潟4Rアーブルルージュ 5着

新潟の外回りで追い込んで5着。直線があと100m長ければ。

アーブルルージュはほぼ殿から直線大外をストライドの大きなフォームで駆けて5着でゴール。もう少し直線が長ければもっと上の着順でした。騎手コメントによると、体の使い方が更に良くなればもっと勝負になるとの事です。

土曜京都4Rガルラバン 6着

ガルラバン初芝は6着。ここから上を目指して欲しい。

ガルラバンの前走後に私は過去の記事で、

ガルラバンはこの日もダートを使われ、後方からレースを進め、ばてた馬を交わして14頭中12着でゴール。素人の戯言ですが、芝2400m以上を使えば結果は変わるとおもうけどなぁ。

と不遜な発言。そして今回ガルラバンは芝2200mに出走するも勝ち馬から2.7秒差の6着に敗れました。偉そうに言っておきながら結果が出ず申し訳ありませんでした・・・。ただ芝の走りは良かったように見えました。上り3Fタイムはメンバー中3位タイでしたし、馬場が重くなる等要因の変化があれば良い結果が出ても不思議有りません。

土曜東京4Rトゥインクルリーフ 3着

Tリーフ、序盤でモタつき中盤で地力の高さを見せつけ終盤は上り最速で3着。

トゥインクルリーフはスタート直後からしばらく走る気を見せず後方をもたついていましたが、そこから一気にポジションを上げ、直線においては勝ち負けになる所まで迫りましたが3着まででした。未勝利戦レベルでは力は一枚上でしょう。次はどう戦うのか注目ですね。

土曜東京5Rリーピングリーズン 8着

リーピングR、上り34.2秒の鬼脚を駆使するも前を捕え切れず。

リーピングリーズンは芝競走に初挑戦。道中は後方2番手で脚を溜めて直線は外から脚を伸ばして8着でフィニッシュ。メリハリの効いた作戦によってリーピングの特徴が掴めたかもしれません。今後のレースプランを立てやすくなったと思います。

土曜新潟6Rダークオブザナイト 10着

ダークオブザナイト。闇夜の中に光明有り。

ダークオブザナイトは新潟芝2400mの未勝利戦に出走。誤魔化しの効かない条件で素質馬相手によく戦いました。結果は10着でしたが、走るフォームは美しく、だいぶ形になってきた印象です。これは近々馬券ファンを驚かせる激走があるかもしれませんね。

日曜東京4Rファイナルマズル 優勝

ファイナルマズル、未勝利戦終了のカウントダウンが始まる前に見事勝ち上がり。

ファイナルマズルは2着に好走した前走と同じ条件の東京ダ1400mに出走。ここ目標であるのが一目瞭然のピッカピカの仕上げ。出馬投票確定時点では鞍上が新人の菅原明騎手なのが気になっていて、これは調整に誤算が生じたのかなと思ったのですが余計な想像でした。

レースでは先行集団の3番手に付けて4角先頭の強気の作戦。セーフティーリードをつけてもなお激しく追う菅原明騎手からこのレースにかける気迫がビンビン伝わってきました。終わってみれば2着に2馬身半差を付ける大楽勝。

何から何までメイチの感じがしたので、ここから休養に入るかもしれません。とにもかくにも休養後の明るい未来を期待できる勝利だったと思います。出資者の皆さんおめでとうございます。

話は横にそれますが、狙ったレースをものにできる岩戸調教師の評価が私の中で上がりました。ブローイングスノー、もう一度検討してみます。

日曜京都4Rラハイナヌーン 6着

気まぐれヌーン、今日はテンションがお高めで6着。

ラハイナヌーンはファイナルマズル同様に2着に好走した前走と同じ条件の未勝利戦に出走。しかしレース前からテンションが高くなり持てる力を発揮できず6着敗退。敗因は明らかですし巻き返しに期待です。



最後まで読んでいただき

今週末は千葉サラブレッドセールです。このセールは社台ファームが実質的に主催する2歳馬のセリ市ですがノーザン、社台以外の大手牧場の馬も結構上場しています。

このセール出身で非社台ファームの馬の活躍馬は少数ですが、最近ですとブライトンロック(1600万クラス)がいます。ノルマンディーのOGではハウキュート(ヤマトプリティの15、先月23日笠松で2勝目を挙げています)がいます。1歳馬セールより注目度は劣りますが目は離せません。クラブの動向に注目したいと思います。

ありがとうございました。

最近の投稿

こんばんは。今週は我が出資馬の話からです。 キャンディソングの馬体重が484kgまで戻りました。一応、帰厩→攻め→輸送を経てレース当日は440kgになっちゃったゴメンネという悲観的ストーリーを心の片隅 [...]

タービランスとは浦和・水野厩舎に所属する競走馬です。南関クラシックの1冠である羽田盃を優勝している他、南関のオープン競走で堅実な成績を収めています。 上の画像はタービランスの血統表です。 タービランス [...]

こんばんは。安田記念を勝ったのはインディチャンプ。完全にノーマークでした。レース後に血統表を見ると母母にトキオリアリティの名が・・・。リアルインパクト・・・、アペルトゥーラ・・・。予想する時はもっと細 [...]

こんばんは。 2019年日本ダービーは新ひだか町にある飛野牧場生産のロジャーバローズが優勝。2着は三嶋牧場生産のダノンキングリーでした。連対した馬達の育成先は知りませんが、生産牧場欄に普段のG1と違う [...]

こんばんは。 ともに翔ける。 岩手競馬の魅力、課題、その他諸々を丸ごと包み込み、それら全てをポジティヴな方向へ運んでいく力強さが「ともに翔ける」の言葉に詰まっています。極限までむだ肉を削いだ簡潔なセン [...]

Tags

アイルチャームアインツェルカンプアナザーサイレンスアナザートゥルースアペルトゥーラアリンナアレスアンツェルカンプアンナラヴェリテアンフィールドアーネストホープイオラニエスカラードエルズリーエーデルメイシュオルダージュオルファリオンオルレアンローズオンファサイトオートヴィルカグラヒメカルヴァリオキャラメルフレンチキャンディソングキャンペーンギガバッケンクグロフクリスタルアワードクリュティエクレムフカグラウシュトラールグランツリヒターグランティエラコーラルフィーユサワヤカフェスタサンディレクションシシオウシュエットヌーベルシュティルヴァルトシークエルジェルミナシオンジャスパーゲランセルヴァセールソルオリーヴァタイドオブハピネスダイバージェントツァイトライゼディバインコードディライトラッシュデスティニーソングデスティニーレイナイトジュレップハウキュートビスカリアビターレファイナルマズルファントムメナスフライオールデイズブライターデイズブラゾンドゥリスブラックジェイドブラックヘルトブランデーグラスブランメジェールブリリアントリリープラチナムバレットヘヴンオンアースベラソヴラーノペキノワホウロクダマホマレホワイトファングボーイズオブサマーマグレブマリアズハートミュートロギアミラクルパレットミラビリアメルドオールライズインザノースラクシュミーラズワルドラフカディオララパルーザラヴノットルメイユールルールソヴァールレベルドアリュールロワセレストローズパラディンワンダーセトラヴァイスブリッツヴォルパンテール
Scroll to top