タービランス種牡馬

タービランスの種牡馬価値は結構高そう

タービランスとは浦和・水野厩舎に所属する競走馬です。南関クラシックの1冠である羽田盃を優勝している他、南関のオープン競走で堅実な成績を収めています。

上の画像はタービランスの血統表です。

タービランスの血統的特徴は、①Nureyevへのクロスの集中が美しい②サンデーサイレンスの血を持たない③Affirmedを持っている、の3点が挙げられます。当ブログはノルマンディーOCに関するブログなので③Affirmedを持っている点にフォーカスを当てたいと思います。

Affirmedは米国三冠馬で、血統的にはRaise a Native、Fighting Fox、Mahmoud、を内包しています。一般的にMr.Prospector、Nijinsky、Danzig、ノーザンテーストとの相性が良いと考えられます。そしてノルマンディー的な視点ですが、父マツリダゴッホの繁殖牝馬のパートナーとして相性が良さそうに思います。その理由は既に申し上げているとおり、サンデーサイレンスを持たない点とAffirmedを持っている点です。

Affirmedはスタミナ系の血に分類されるので、前面に押し出すとスピード不足の馬が出来る心配があります。しかし同じ米三冠馬Secretariatが、その血をクロスさせてもBold Ruler、Nasrullahクロスを作る事で日本競馬にある程度適応しているので、AffirmedについてもRaise a Native等スピード系の血をクロスさせれば大丈夫と考えます。

上の画像はタービランス×アリンナの仮想配合です。

5代血統表の赤文字の血を遡るとRaise a Nativeに辿り着く構成です。父父、父母、母父、母母4ブロック全てにRaise a Nativeが配置されて全体を主導して、Affirmed4×5の中にクロスを集める美しい配合が出来上がります。

今年の3次募集で注目を集めているキネオソレイユとも合いそうです。母母バイザキャットをしっかり生かしているのが見て取れます。

今日の日本競馬はスピード能力ありきの競馬ですが、G1競走で上位に来る馬にはしっかりとしたスタミナの核が宿っています。多種多様なスピードの血に、しっかりしたスタミナのクロスが結合しています。

日本の大手牧場がまだ注目していない血なので、嵌れば旋風を巻き起こせる可能性はあると思います。タービランスのオーナーの動向にひっそりと注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top