Nouvelles de Normandie ノートピッ! 06月24日-06月30日

こんばんは。

こんばんは。

先週金曜日にノルマンディーOC2017年産4次募集馬のラインナップが発表されました。OBSセールとHBAトレーニングセールで仕入れた馬が募集され、このラインナップは大方の予想通りだったと思います。

今回の募集では、Blading Gold Ringの17の紹介動画の中で新曲BGMが披露されました。新曲はモンキーマジックとDo Me(ヒゲダンスの曲)ほか数曲(名前が出ない・・・)を足してR&Bの彩を加えたようなイカした曲です。また募集馬情報のアイコンで「申込受付中→間もなく入厩」と点滅するヴァージョンが出来ました。細かな改良からも目が離せません。

募集馬評価は後日このブログにてアップする予定です。



今週の地方競馬

水曜門別8Rミニオンペール3着

ヴァイスコードはダートに苦しみ10頭立て9着。レース後に調教師から異例の最後通告。

ミニオンペールは門別のフェルカド特別に出走。当レースは2017年にブラックヘルトが出走して2着でした。あの年のフェルカド特別はメンバーが比較的軽く、きちんと仕上げれば勝てたはずでしたが、プラス14kgの重め残りで鞍上は地元の騎手ではなく黛騎手。ブラックヘルトはその後流浪の日々を過ごし、色々と有耶無耶な状態のまま引退したのを覚えています。あの時の調教師は今や国際G1トレーナーですからね。ブラックヘルトを管理した経験が生きたのでしょう、きっと。

さてミニオンペールは桑村騎手の渾身の手綱押しに応えてハナに立つも直線であっさりと交わされて3着。騎手の頑張りの割に馬の走りが淡白に見えました。ミニオンペールは本調子になかったかもしれませんね。

今週の中央競馬

土曜函館1Rヒマワリ14着

ヒマワリ、開花は梅雨明け以降か。14着完敗。

ヒマワリは函館芝1200mに出走。スタート直後の躓きは騎手のリカバリーが良くて影響は軽微。しかし終始走りに集中していない様子で、見せ場なく14着に沈みました。

どうしたんでしょうか、心配です。マツリダゴッホ産駒といえば芝短距離ですから、もっと戦えても良さそうですが・・・。ディバインコード、ロードクエストらは1400~1600mで好成績を収めたので本馬もその辺りの条件が合うかもしれませんね。7/28札幌芝1500mを使って、8/25新潟芝1400m、9/1新潟芝1600mあたりが壇ノ浦の戦い(勿論源氏側で)となるでしょうか!?

土曜函館2Rソルパシオン5着、セレーネワルツ10着

テンの速力勝負になってしまいノルマンディー軍団敗れる。

ソルパシオンとセレーネワルツは函館ダ1000mに出走。テンの先行争いがゴールまで続く形となり、中団から後方の位置を取ったノルマンディーの2頭は見せ場を作れず敗れました。

ソルパシオンは連戦の疲れが溜まっているとの事で、今後夏競馬を使えるのか心配です。セレーネワルツはテンションの高さが敗因との事で、次戦の巻き返しに期待しましょう。体が小さいので過密日程による疲労が懸念されますが、未勝利戦は8月までですからね。根性で乗り切りましょう。

土曜福島3Rフェアリースキップ10着

フェアリースキップ、ダート千二がベストマッチと。

フェアリースキップは福島芝1200mに出走。中団を無理なく進むも直線の末脚で劣り13頭立て10着でゴール。柴田大知騎手はダ1200mがベスト条件とコメント。プロがおっしゃるならその通りなのでしょう。今日はレースぶりに進境が窺えたので次戦は前進が期待できるかもしれません。

日曜函館2Rマロンクルール10着

マロンクルール、前走と同条件も10着。

マロンクルールは函館ダ1000mに出走。後方に取り残されてしまう展開は前走と同じで、この前は他馬の故障による混乱に乗じて順位を上げられましたが、柳の下に2匹目のドジョウはおらず。ばてた馬を1頭交わして12頭立ての10着でゴールしました。マロンさんは小さな体でよく戦っていますが、この条件に拘っても進境はあるのかどうか・・・。兄みたく距離延長に賭けるテもあるような・・・。

日曜福島3Rラヴィブリランテ10着

ラヴィ福島で10着。敗因は何ぞ?

ラヴィブリランテは福島芝1200mに出走。中団やや後ろの位置を周回して10着でゴール。芝の走りは悪そうに見えず、また不利を食らった様子も無く、よく分からない敗戦でした。



最後まで読んでいただき

来週、未勝利脱出にチャレンジするのはラハイナヌーン1頭です。ラハイナヌーンは前々走で2着に入った実績馬で、馬券的にも面白そうな馬です。左回り、直線の坂、いずれも初めての挑戦ですが、条件替わりが吉と出ればいいですね。

話は変わりノルマンディー黄金世代に関してですが、アリンナが3着と久々に好走、ブラックジェイド1年3か月ぶりにターフに復帰と、この世代の明るい話題がありました。シシオウの去勢&転厩もありましたね。下の世代が大人しい世代なので、黄金世代にクラブを盛り上げてもらいましょう。

ありがとうございました。

最近の投稿

本日の香港カップを勝ったのは畠山吉調教師の管理馬ウインブライトです。本ブログで既に何度も触れていますが、畠山吉調教師はノルマンディーOC所属馬だったブラックヘルトやフライオールデイズを管理していました [...]

今日は1年に1回のノルマン祭り。大量出走の結果は既にご存知の方が多いと思われます。出資者の皆さんおめでとうございます! セレンディピア 7着 セレンディピア、デビュー戦はマズマズの内容も展開に泣き7着 [...]

今年のジャパンカップはスワーヴリチャードが優勝。今が旬のアーモンドアイ、サートゥルナーリア不在のJC、ノルマンディーの馬にもチャンスがあったかもしれません。年1頭でいいからクラシックディスタンスで勝負 [...]

東スポ杯2歳Sはコントレイルが1:44.5秒という病的なタイムを記録して優勝。東京競馬場の造園課の頑張りにより、馬が走りやすい馬場コンディションとなったのでしょうが、レース後の馬にどのような影響が出る [...]

エリザベス女王杯の週に別のG1レースの話をしてごめんなさい。2019年のジャパンカップは外国招待馬がゼロになる見込みです。 元々ジャパンカップは①世界に通用する馬づくり②日本が競馬界における一等国の仲 [...]

Tags

アイルチャームアインツェルカンプアナザーサイレンスアナザートゥルースアペルトゥーラアリンナアレスアンツェルカンプアンナラヴェリテアンフィールドアーネストホープイオラニエスカラードエルズリーエーデルメイシュオルダージュオルファリオンオルレアンローズオンファサイトオートヴィルカグラヒメカルヴァリオキャラメルフレンチキャンディソングキャンペーンギガバッケンクグロフクリスタルアワードクリュティエクレムフカグラウシュトラールグランツリヒターグランティエラコーラルフィーユサワヤカフェスタサンディレクションシシオウシュエットヌーベルシュティルヴァルトシークエルジェルミナシオンジャスパーゲランセルヴァセールソルオリーヴァタイドオブハピネスダイバージェントツァイトライゼデアリングタクトディオブルネッタディバインコードディライトラッシュデスティニーソングデスティニーレイナイトジュレップハウキュートバルンストックビスカリアビターレファイナルマズルファントムメナスフライオールデイズブライターデイズブラゾンドゥリスブラックジェイドブラックヘルトブランデーグラスブランメジェールブリリアントリリープラチナムバレットヘヴンオンアースベラソヴラーノペキノワホウロクダマホマレホワイトファングホーリーラインボーイズオブサマーマグレブマリアズハートミュートロギアミラクルパレットミラビリアミーハディビーナメルドオールライズインザノースラクシュミーラズワルドラフカディオララパルーザラヴノットルメイユールルールソヴァールレベルドアリュールロワセレストローズパラディンワンダーセトラヴァイスブリッツヴォルパンテール
Scroll to top