Nouvelles de Normandie ノートピッ! 09月05日-09月06日

こんばんは。

多くの馬が文字通り生き残りを賭けて競う2日間が終わりました。天気予報では台風が接近し、大荒れの週末も考えられましたが、まったりとした週末だったと思います。台風の進路と重なる九州地方の皆さんはこれから大変だと思います。十分にお気を付けください。



今週の中央競馬。目指せ勝ち上がり!

土曜札幌2Rグリエクレール 15着

グリエクレール、この日は何もできず終戦。

グリエクレールは札幌芝1200mに出走。ゆっくりしたスタートから最後方でレースを進めるも、展開が味方する事無く16頭立て15着で終了。譲れない戦いの割には呆気無い結末でした。

今後はどうするのでしょうか。ダート戦を1回しか使っておらず、ダート適性を把握せぬまま地方へ送り出すのかクラブ側も悩ましいところです。一口34,000円の高額馬ですからサラオク直行の可能性は低いとは思いますが。

土曜札幌2Rエクストラノート 10着

エクストラノートも為す術無く10着。

エクストラノートは札幌ダ1700mに出走。所謂行った行ったのレースでエクストラノートは後方2番手を進んでは苦しく、前走から着を落として10着でゴール。先行力を持つ馬が消極的なレース運びで大敗とは、馬に何かあったのでしょうか・・・。前走5着を評価してファンド継続となりますか。

土曜小倉6Rゴールドパラディン 優勝

ゴールドパラディン力が違った。積極的な走りで鬱憤を晴らして無事勝ち上がり。

ゴールドパラディンは小倉ダ1700mに出走。飛ばし気味に逃げたロードユリシスの2番手に付け、道中で逃げ馬がバテて繰り上がる形でゴールドパラディンが早め先頭に。しかしゴールドパラディンの脚色は最後まで鈍らず、終わってみれば3馬身半差の快勝。これまでのもどかしいレース運びが嘘のような勝利でした。

未勝利最終節でダート初挑戦、テン乗り、不利な材料はいくつかありましたが、それらを感じさせぬ勝ちっぷりは見事で、この内容であれば昇級後も期待できそうです。出資者の皆さんおめでとうございます。

あと勝ったから言える話ですが、もし従来通りダート戦(例えば小倉7R)を選択していたら勝てていたでしょうか。隠れた勝因はレース選択をした人かもしれませんね。

なお馬単6,000円、三連単63,930円はかなりおいしい金額でした。私は小倉7Rのニーニャで勝負する予定だったので、ここはスルー(笑)

土曜小倉7Rニーニャ 9着

ニーニャ見せ場は作った。直線の伸びで後れを取って9着敗退。

ニーニャ小倉7R

ニーニャ小倉7R02

ニーニャは小倉芝2000mに出走。レースはいきなり波乱の様相で、1コーナーでロナウドが外へ逸走(競馬の話です)。鞍上国分優騎手は荒れた内ラチ沿いを走り、馬場より距離得を選択しました。逃げるバルトロメウが緩急の無いラップを刻み、先行馬に厳しそうなペースのまま勝負処の4コーナーへ差し掛かります。ここでニーニャはぐぐっと加速して内から前を射程圏内に捕えて直線へ向き、6Rを勝ったゴールドパラディンに続く連勝を狙いました。しかしニーニャに直線で弾ける余力はなく、力尽きるように失速して9着でゴールイン。

2020年9月5日小倉7R結果

夏は牝馬を買え・・・とは。

このレース、連闘牝馬が結構印を集めていたのですが、上位に来たのはレース間隔をしっかり取っていた馬でした。

ニーニャは今後どうするのでしょうか。クイーンズトゥルーみたく地方のダートで3つ勝つまでひたすら走り続けるしかないでしょうね。

土曜新潟7Rシュアリーシーズ 7着

シュアリーシーズ、勝てなかったけど大健闘の7着。

シュアリーシーズは新潟芝1400mに出走。道中はスピード能力の違いが出たのか後方3,4番手の絶望的な位置。4コーナーでおっと思わせたのは似た勝負服のアチェロイスで、シュアリーシーズは大外をやっとこさ回るような状況。直線は豪快な捲りが決まったトキメキの独壇場で、勝負の大勢は決していました。しかしシュアリーシーズの鞍上泉谷騎手は最後まで勝負を投げぬ渾身の騎乗を見せてくれ、終わってみれば自己最高着順の7着でゴールしました。泉谷クン、ナイスファイト!

さてシュアリーシーズの今後ですが・・・。これまでのダート5戦が秒単位負けで、地方で勝って中央復帰となるかどうかは微妙なところですね。まだ伸びしろがありそうな雰囲気を感じますが、プロの判断はどうなるのでしょうか。

日曜新潟4Rカスミ 11着

カスミ、見せ場作れず終戦。

カスミは新潟ダ1800mに出走。インの中団待機から直線外へ豪快に持ちだして伸びて来た・・・のは別馬主のスーリエドヴェール(笑)今週2回目。カスミは後方待機のまま11着でゴール。どうしちゃったの?と心配する走りでした。

キャラメルフレンチの妹という事で、どこかで才能を輝かせてくれると期待していましたが、3歳夏までにその機会は訪れませんでした。今後どのようなキャリアを歩むか分かりませんが、どこかであっと言わせる走りをしてくれると思います。お疲れさまでした。

日曜札幌4Rリベリアスハート 12着

リベリア、馬券は外すも不安は的中。勝負以前に操縦に手を焼き12着。

リベリアスハートは札幌ダ1700mに出走。終始騎手が操縦し辛そうにしており、これでは勝負になりません。勝ち馬から2秒離された12着でゴール。

このレースの敗因は操縦性の悪いリベリアスハート自身で、山田敬騎手は全く悪くないと思います。リベリアスハートを操っていた内田博騎手と森泰斗騎手が単に超一流だっただけです。

さてリベリアスハートさんはこれからどこへ行くのでしょうか。川崎で1度3着に入っているので地方行きの可能性はあります。キャンディソングで地方転出中央再転入を経験している者、そしてリベリアスハートにお金を出した者としてちょっとだけ好き勝手を言わせてもらうと、地方で勝って中央に戻っても同じような走りを繰り返しそうな気がします。それならば、いっそサラオクに出して新たな馬主さんに引き取ってもらい、競走馬のキャリアを地方で全うするほうが、効用の総量は大きくなると思います。キャンディソングは未勝利時代のテンのスピードは中央で通用していて、色々と噛み合えば中央でも勝てるのではと期待させるものを持っていましたが、リベリアスハートにそのような希望は・・・ムムムどうでしょうか・・・。

この辺りはド素人の私があれこれ申しても詮無い話ですし、リベリアスハートに出資された方が気を悪くされます。プロのご判断に従うまでです。



最後まで読んでいただき

未勝利最終節。後が無い戦いなのに、パドックであくびをする馬がいたり、結構のんびりした雰囲気なのが面白いですよね。今週もノルマンの馬2頭がデビューしているように、来年のダービーに向けて戦いが始まっています。このブログも来週から2歳馬にフォーカスする予定です。それとYoutuberに言わせれば「重大発表(笑)」になるのでしょうが、ブログの形式を少しずつ変えていこうと考えています。構想は全くできていませんが・・・。

私が入会した頃とは、降級制度の廃止、馬資源価格の高騰、人手不足等、クラブを取り巻く外部環境が変化しているので、このブログも変化に応じた内容にしていこうと思います。構想は全くできていませんが(2回目)。

当面は従来通り、出走馬の結果にフォーカスしてあれこれと書いていきます。

ありがとうございました。

Tags

アイルチャームアインツェルカンプアナザーサイレンスアナザートゥルースアペルトゥーラアリンナアレスアンツェルカンプアンナラヴェリテアンフィールドアーネストホープイオラニエスカラードエルズリーエーデルメイシュオルダージュオルファリオンオルレアンローズオンファサイトオートヴィルカグラヒメカルヴァリオキャラメルフレンチキャンディソングキャンペーンギガバッケンクグロフクリスタルアワードクリュティエクレムフカグラウシュトラールグランツリヒターグランティエラグルアーブコーラルフィーユゴールドパラディンサワヤカフェスタサンディレクションシシオウシュエットヌーベルシュティルヴァルトシークエルジェルミナシオンジャスパーゲランスペロデアセルヴァセレンディピアセールソルオリーヴァタイドオブハピネスダイバージェントツァイトライゼデアリングタクトディオブルネッタディバインコードディライトラッシュデスティニーソングデスティニーレイナイトジュレップハウキュートバルンストックバンクオブクラウズビスカリアビターレファイナルマズルファントムメナスフライオールデイズブライターデイズブラゾンドゥリスブラックジェイドブラックヘルトブランデーグラスブランメジェールブリリアントリリープラチナムバレットヘヴンオンアースベラソヴラーノペキノワホウロクダマホマレホワイトファングホーリーラインボーイズオブサマーマグレブマリアズハートミュートロギアミラクルパレットミラビリアミーハディビーナメルドオールライズインザノースラクシュミーラズワルドラハイナヌーンラフカディオララパルーザラヴノットリュードマンルメイユールルールソヴァールレベルドアリュールロワセレストローズパラディンワンダーセトラヴァイスブリッツヴォルパンテール
Scroll to top