Open post

Nouvelles de Normandie ノートピッ! 11月11日-11月17日

東スポ杯2歳Sはコントレイルが1:44.5秒という病的なタイムを記録して優勝。東京競馬場の造園課の頑張りにより、馬が走りやすい馬場コンディションとなったのでしょうが、レース後の馬にどのような影響が出るのか気になります。数を使いたいノルマンディーの馬は、ダート馬はともかくこの時期の東京は走らせるべきで […]

Continue readingMore Tag
Open post

Nouvelles de Normandie ノートピッ! 11月05日-11月10日

エリザベス女王杯の週に別のG1レースの話をしてごめんなさい。2019年のジャパンカップは外国招待馬がゼロになる見込みです。 元々ジャパンカップは①世界に通用する馬づくり②日本が競馬界における一等国の仲間入りを果たす事を目的として創設されたG1レースだったと記憶しています。今日①②いずれも達成しており […]

Continue readingMore Tag
Open post

Nouvelles de Normandie ノートピッ! 10月28日-11月04日

藤田菜、初勝利の舞台で初Jpn1勝利に最も近づくも・・・。 浦和9RJBCスプリント最後の直線、藤田菜七子騎手騎乗のコパノキッキングが先頭に躍り出る。しかし、たった220mしかない浦和の直線で南関の天才御神本騎手&ブルドックボスがゴール前で差し切り優勝。 藤田菜七子初勝利の舞台と同じ浦和競馬 […]

Continue readingMore Tag
Open post

Nouvelles de Normandie ノートピッ! 10月22日-10月27日

ノルマン勢、1勝クラスに6頭チャレンジして玉砕。 今週の1勝クラスのレースにクラブの素質馬が多数出走していたので注目していたのですが、残念ながら白星を挙げる事はできませんでした。ホマレ、カグラヒメ、アレスは比較的容易に未勝利クラスを卒業できたので、1勝クラスで力上位だと思うのですが・・・。 そしてク […]

Continue readingMore Tag
Open post

Nouvelles de Normandie ノートピッ! 09月23日-10月21日

菊花賞。オカダスタッド産メロディーレーンが5着! 2019年の菊花賞はワールドエースの全弟ワールドプレミアが優勝。勝ち馬がゴール板を駆け抜けたコンマ4秒後に大外からゴール版を通過したのは岡田スタッド産のメロディーレーンでした。メロディーレーンは340kgの小さな馬体ながら、抜群の長距離走のセンスで2 […]

Continue readingMore Tag

Posts navigation

1 2 3 4 23 24 25
Scroll to top